【黒い砂漠23】初心者さん向け加工コンテンツの仕組み説明、続いて前記事【黒い砂漠22】の具体的な稼ぎ方説明や補足【内容盛りだくさん】

前記事は下記参照を。

抽象的な部分を詳細にしていきます

「熟練度や貢献度の関係で複雑になりすぎるので省略しますが、
上記の鉱物をつかって3~5倍の利益を生むことも可能です。」

まずこれを詳細にしていきますが、
初心者向けを想定して、利益を増やしていく過程で、
必要な知識を最初の章にまとめます。

既に知ってて、金策の手法が目的の方は最初の章を飛ばしてください。
ではいってみよ~。

初心者さん向け、黒い砂漠の生活コンテンツ全体の仕組みについて

これから解説することを最初にまとめておくと、要は、
・加工すると必ず1個生成ではなくて、2個以上の複数個できることがある
・加工に限らず料理、錬金、採集などでも同様のことが可能である

ということです。

では具体的に鉱物の知識で説明します。
加工-加熱を行うと、
【鉱石】→【溶けた欠片】→
(「加熱-訓練の知識」が必要)【塊】→
(「加熱-熟練の知識」が必要)【純結晶】
の順番で加工できます。

上の画像の「開始価格と作成方法」を見ると初心者さんは、
なんで?と思うかもしれません。というのも、
「鉱石5個→溶けた欠片を1個加工できる」のに、
なぜ溶けた欠片が鉱石の5倍の値段ではないのか?といったものです。
これは間違いです。

正しくは、「鉱石5個→溶けた欠片を「1回」加工できる」です。
冒頭でも言いましたが、
この「1回」という概念は、
砂漠の生活コンテンツを理解する上で必要です。

上の章が分かると稼ぎ方が分かる!

再度この図を使います。

ボクは亜鉛鉱石の手動採鉱をオススメしています。理由は、
「鉱石の状態でも売りやすい」「比較的取得しやすい」
「労働者派遣(自動)では取得しにくい(貢献度がかなり必要)」
という3点からです、それぞれ説明していきます。

「鉱石の状態でも売りやすい」

特殊なものを除いて、基本的に加工すればするほど価値が上がっていきます。
ただし1回の加工で取得できる成果物は熟練度に依存していて、
熟練度が低いと成果物が少なく損しやすくなっています。

その中でも亜鉛は亜鉛鉱石5個(1回)で溶けた亜鉛の欠片2個できれば損しません。
計算は簡単で、
2170シルバーx5個=約10500シルバー  6100シルバーx2個=12200シルバー
といった感じです。

なので溶けたより鉱石を買う人が多くなりやすいですね。
そして、完全な初心者は加工熟練度が0なので、
1回の加工で2個以上加工し続けるのは難しい。

よって亜鉛に関しては、「鉱石の状態で売る」が一番利益になります。

「比較的取得しやすい」

これに関しては手動で採鉱する場所を説明した、
コチラの動画をまず参考にしてみてください。(ダイマ

「労働者派遣(自動)では取得しにくい(貢献度がかなり必要)」

一番大都市から近くて貢献度一番不要な場所が、
アルティノ→廃鉄鉱山(必要貢献度1+2+3で6)です。

これならベリア・ハイデル周りの鳥肉や穀物に労働者派遣したほうがいいです。
詳細は過去記事のコチラ参照

まとめというか打ち切り!

さすがに長くなりそうなので一旦ココまでとして、
これらを基に鉱物を、
「加工して貿易箱(おすすめは真鍮か鋼鉄箱)で稼ぐ(貢献度消費:大)」

「加工して市場で売る
(おすすめはその時の市場と相談(見極め:難しい)、

 執筆時点では「溶けた鉄」オススメ!)」

「そのまま売る(亜鉛、次点で粗石。売るだけかんたん!)」

などして利益を最大限にしてみてください。

ではまたの~。

最後に、リアルタイムにオススメの金策などを記事にしてツイしたり、
記事にしないでツイしたりしてるので、コチラのフォローお願いいたします!

© Pearl Abyss Corp. All Rights Reserved.

タイトルとURLをコピーしました